渡辺享永

乳腺外科 渡辺理恵

乳がんは女性の悪性腫瘍で一番多く、
今や10人に1人が乳がんにかかります。

乳がんは早期発見し速やかに治療へつなげることで死亡率は低くなります。乳がんは40歳代から60歳前半がピークとされていますが、最近は70歳以上も増加傾向にあります。また、20歳から30歳で発症する方もいます。ですが日本の乳がん検診率は40%程度と欧米に比べてかなり低い状況です。

これまでに大学病院や地域医療支援病院で乳房疾患や甲状腺疾患に携わってきたなかで、無症状で検診を受け、乳がんと診断され治療により今も元気に過ごされている方、乳房にしこりを持ちつつ何年も受診できずに困り果ててから受診される方、いろんな方の乳がん治療を経験させていただきました。何年もしこりを抱え続ける不安より、受診する垣根の方が高い方もいらっしゃいます。何よりできるだけ早めに乳がん検診を受けていただきたいと思っております。

皆さまが受診しやすいような雰囲気づくり、また、すでに乳がん発症し内分泌療法や経過観察などが必要な方、良性腫瘍の経過観察が必要な方が継続して受診しやすいように努めてまいります。 仕事や子育て、介護で忙しい時期で、悩みはさまざまですが、まずはお気軽に受診ください。 患者さまにとって医療はわからないことだらけだと思います。 検査や病状説明など、できる限り優しい言葉で説明し、ご理解と納得をしていただけるように努めます。

当院では日本乳癌学会が認定する乳腺専門医である女性医師が診察を行います。
乳腺外科フロアは受付スタッフ、看護師、マンモグラフィ技師はすべて女性です。
※検診マンモグラフィ読影認定はAS評価です。 ドクターの紹介はこちら

症状のある方は早めの受診をおすすめします

症状がある方 保険診療

乳房のしこり、乳房痛など少しでも症状がある方が対象

症状の一覧を見る ≫
乳がん検診

検査内容はご提案させていただきます

  • 視触診+超音波検査
  • 視触診+マンモグラフィ
  • 視触診+マンモグラフィ+超音波検査

マンモグラフィと超音波検査の併用を最もお勧めしますが、年齢や乳腺の状態により検査内容は提案させていただきます。

病理診断が必要な場合は、細胞診(細い注射針で病変の細胞を採取)や組織診(少し太めの針で病変の組織を採取)を行います。 画像検査の結果は受診当日に説明します。 病理結果は後日再受診していただきご報告します。

乳がん検診

症状のない方 自費診療

特に症状のない方はこちらになります。少しでも気なる症状がある場合は保険診療となりますので遠慮せずお申し出ください。

乳がん検診

検査内容はご提案させていただきます

  • 視触診+超音波検査
  • 視触診+マンモグラフィ
  • 視触診+マンモグラフィ+超音波検査

マンモグラフィと超音波検査の併用を最もお勧めしますが、年齢や乳腺の状態により検査内容は提案させていただきます。

画像検査の結果は受診当日に説明します。

費用

  • 視触診+超音波検査 6,600円(税込)
  • 視触診+マンモグラフィ 7,700円(税込)
  • 視触診+マンモグラフィ+超音波検査 11,000円(税込)

乳がん検診の再検査

保険診療

当院や他院の乳がん検診で異常がみられた方は精密検査が必要です。マンモグラフィや超音波検査を追加します。
病理診断が必要な場合は、細胞診(細い注射針で病変の細胞を採取)や組織診(少し太めの針で病変の組織を採取)を行います。

画像検査の結果は受診当日に説明します。
病理結果は後日再受診していただきご報告します。
※保険診療となります

乳がん術後の経過観察

乳がん術後の定期検査や内分泌療法を行います。
※骨密度検査にて骨粗鬆症を認めた場合、当クリニック整形外科での加療を勧めさせていただきます。
(既にかかりつけ整形外科がある方はその限りではありません)

内分泌療法
乳がんは女性ホルモンの影響を受けて増殖するものがあり、内分泌療法はこのようなタイプの乳がんに行われる治療法です。手術後、長期間(5~10年)継続して使用することで、再発予防効果が期待できます。LH-RHアゴニスト(リュープロレリン)、抗エストロゲン剤(タモキシフェン、トレミフェン)、アロマターゼ阻害薬(アナストロゾール、エキセメスタン、レトロゾール)があります。
定期検査
マンモグラフィ、超音波検査、採血(腫瘍マーカー含む)、骨密度測定、CT検査
※採血、骨密度検査、CT検査は必要に応じてご提案します。
※CT検査は連携病院へ依頼します。

良性腫瘍の経過観察

線維腺腫や多発性嚢胞など良性腫瘍の経過観察を行います。
増大傾向がみられる場合は組織診での再評価や摘出手術をお勧めします。
良性腫瘍なのに乳がん検診で毎回精密検査になってしまう方など、当院で経過観察可能です。

ただし、検診施設で過去画像と比較読影された上で経過観察となっている方はそのまま検診施設での検診を継続されるのが良いでしょう。

こんな症状なら
ご来院ください

「乳がん」の可能性がある症状

当てはまる場合は、乳がんの可能性がありますので、検査が必要です。
視触診、マンモグラフィ、超音波検査を行い、必要があれば細胞診や針生検を行います。

乳房のしこり
1cm程になるとご自分で自覚される方もいます。良性腫瘍と悪性腫瘍のどちらの可能性もあります。
硬く・動かない・一致して皮膚がへこむなどを伴う場合は悪性の可能性が強くなります。
乳頭からの分泌
白色、黄色、透明などで少量の乳汁分泌は通常問題はありません。褐色・黒色・赤色は乳管内(ミルクが通る管)にしこりができている場合があります。しこりは良性・悪性のどちらの可能性もあります。
乳頭・乳輪のただれ
アトピー性皮膚炎が原因でただれることもありますが、乳がんでもただれることがあります。
乳房のへこみ・ひきつれ・
赤み・陥没乳頭
乳がんが周囲の組織を巻き込んで皮膚を引っ張っている可能性があります。皮膚に及ぶ場合は皮膚が赤くなることがあります。
※皮膚の赤みは皮膚疾患の可能性もあります。また、乳頭の近くに乳がんがあると、今までなかった乳頭陥没が出現することがあります。
※生下時や授乳後の影響で以前から陥没乳頭がある方もいらっしゃいますが、その場合は通常は乳がん無関係と思われます。
わきの下のしこり
わきの下にはリンパ節という大豆大の免疫機能を担う器官があり、感染症や外傷などで腫れてくることがあります。経過をみて腫れが引いてくるなら心配はいらないですが、痛みを伴わずに増大してくる場合は検査が必要です。

「乳がん」が潜んでいる可能性がある症状

当てはまる方は、症状とは無関係に乳がんが潜んでいることがあります。
視触診、マンモグラフィ、超音波検査を行い、必要があれば細胞診や針生検を行います。

乳房痛や張り感
女性ホルモンの影響で生じる生理的な症状であることが多く、乳がんと直接関係する症状ではないことが多いです。
しかし、これらの症状とは無関係に検査で乳がんが発見されることもありますので、乳がん検診を受けておられない方は受診をおすすめします。 ※動かない乳房のしこりや皮膚の赤みを伴う場合は乳がんが大胸筋や皮膚に進行していることがあります。

男性の方も受診も受け付けております。お気軽にお電話でご相談ください。

当クリニックで
可能な検査

マンモグラフィー検査

マンモグラフィー検査

乳房専用のレントゲン検査です。
石灰化病変の検出に優れており、早期の乳がんの発見に有用です。
集団検診では死亡率を低下させるなど実績のある検査で、女性検査技師が行います。

超音波検査

超音波検査

診察室内で行います。マンモグラフィでは検出できなかったとても小さい病変などを検出できることがあります。病変を認めた場合はそのまま穿刺吸引細胞診やコア針生検をご提案させていただくことがあります。

穿刺吸引細胞診

局所麻酔を行い細い針を刺して嚢胞など病変の細胞を採取します。結果は後日再受診していただきご報告します。

コア針生検(組織診)

局所麻酔を行い、少し太めの針を刺して病変の組織を採取します。当日は入浴・運動・飲酒などは不可となり、出血予防のためガーゼ・テープにて圧迫固定します。結果は後日再受診していただきご報告します。※下半身のシャワーは可能です。

吸引式組織生検(セレロ)

コア針生検による病理診断が困難な場合や困難と予測される場合にご提案します。吸引力を利用してより多くの組織を採取することができます。手順や当日の注意点はコア針生検と同じです。

血液検査

乳がん関連の腫瘍マーカー(CEA、CA15-3)などを測定します。 

※ステレオガイド下マンモトーム生検は当院では実施できません。
必要な場合は実施可能な病院へご紹介します。

診察の流れ

ご予約

お電話・インターネットご予約ページより予約をお願いいたします。

乳腺外科(3階)
9:00~14:00 (受付は13:30まで)

土曜のみ9:00~12:30(受付は12:00まで)となっております。

初診に必要なもの

  • 健康保険証
  • 乳がん検診結果(他院乳がん検診異常の再検査の方)
  • 紹介状(他院からのご紹介の方で紹介状がある方)
  • お薬手帳(定期内服しているお薬がある方)

画像検査・診察

画像検査を受けられない方

お薬処方のみ、病理結果説明のみなどの方はお着替えは不要です。

画像検査を受けられる方

受付で検診着とバッグ(着替えを入れる)をお渡しします。更衣室にご案内しますので、お着替えいただきます。

検査着のみの着用が基本ですが、気になる方はキャミソールやタンクトップなどすぐに肩が脱げるアンダーウエアを着てもよいです(検査時は肩を脱いでお腹の方まで降ろしていただきます)

※上半身のみの検査着 ポンチョタイプ
※ブラジャーは外してください

超音波検査やマンモグラフィを受けるタイミング

閉経後の方や生理前に乳房が腫れない方はいつでも良いですが、
生理の前に乳房が腫れる方は診察時に疼痛を伴うことがあるので生理が終わってから一週間頃が良いでしょう。また自己検診で乳房を観察するときもこのタイミングが良いでしょう。

お会計

順番にお呼びしますので、待合室でお待ちください。

連携病院一覧

  • 済生会野江病院
  • 大阪市総合医療センター
  • 関西医科大学総合医療センター
  • 大手前病院
  • 森ノ宮病院
  • 東大阪病院
  • 淀川キリスト教病院
  • 大阪警察病院
  • 大阪赤十字病院
  • 大阪市立大学病院
  • いわた脳神経外科クリニック
わたなべクリニック整形外科・乳腺外科
わたなべクリニック整形外科・乳腺外科