ピックアップ

子宮頸がん予防ワクチン(電話予約)

当院では子宮頸がん予防ワクチン《ガーダシル》《シルガード9》の予防接種が可能です。

ご希望の方は接種希望日の1週間前までの電話でご予約をお願いします。必ず、年齢が確認できる書類(母子健康手帳、予防接種手帳、マイナンバーカード、保険証など)をご持参ください。また、予診票がある方はご持参ください。尚、未成年者は保護者同伴が原則です

予診票はこちら☞公費対象者の方… 定期接種

                  キャッチアップ接種

         任意接種の方… 当院乳腺外科受付にてお渡しします

1回分の料金
ガーダシル(公費対象者)無料
ガーダシル(任意接種)¥19.000 (1回分税込)
※初回接種時に3回分料金一括払い可
シルガード9(任意接種)¥30.000 (1回分税込)
※初回接種時に3回分料金一括払い可
相談料¥3.000 (税込)
※当日接種をされず相談のみの方

十分な効果を得るために必ず3回接種してください。2回目の接種は初回接種の2カ月後、3回目は2回目の3カ月後です。

《ガーダシル(4価ワクチン)》

以下の女性は無料(公費対象)です。該当しない方は任意接種(自費)となります。

 ●大阪市民の小学校6年生から高校1年生相当の女子(高校1年相当の年度3/31までに接種)

     厚生労働省 “リーフレット”

 ●平成16年4月2日~平成18年4月1日生まれの方(令和5年3月31日までに接種)※新型コロナ感染症発生への措置

 ●平成9年度~平成17年度生まれの9学年(令和4年4月~令和7年3月に接種)※キャッチアップ接種

     厚生労働省 “キャッチアップ接種リーフレット”

※大阪市ホームページ:子宮頸がん予防ワクチンの接種について

※厚生労働省ホームページ: ヒトパピローマウイルス感染症~子宮頸がんとHPVワクチン~

※日本産婦人科学会ホームページ:子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために

《シルガード9(9価ワクチン)》

2014年12月にアメリカで承認され、世界80以上の国または地域で承認されてきた9価ワクチンが2021年2月から日本でも接種できるようになりました。予防するヒトパピローマウイルス型が9種類となり、アジア人において感染率が高いといわれているHPV52/58型を含むことで、子宮頸がんの原因となるHPV型の88.2%をカバーするとの報告があります。

今後、公費で定期接種が可能性がありますが、現時点では年齢に関わらず任意接種(自費)となります。

お知らせ一覧へ

医院紹介clinic